近畿リハビリテーション学院と辻クリニックに対する裁判のサイト,活動実績、活動内容の報告

■ INFORMATION ■
17年7月  近リハの経営と法令違反
17年7月  原告準備書面19
17年7月  原告準備書面18

17年6月  実態調査の結果発表
17年6月  カリキュラム改善検討会発足

17年5月  近リハの規則違反について
17年5月  原告準備書面17
17年5月  原告準備書面16

17年4月  近リハ合格率に関する分析
17年4月  近リハ合格率について(更新)

17年3月  厚生労働委員会で取上げ..
17年3月  養成校への実態調査内容

17年2月  養成校に関する情報開示請求
17年2月  近畿地方各府県県担当部署

17年1月  原告準備書面15を掲載し...

16年12月  近リハ合格率について(3)
16年12月  辻クリニック準備書面5…
16年12月  原告準備書面14を掲載し...
16年12月  調査要望内容について

'16年9月  大阪府の監督体制について
'16年9月  原告準備書面13を掲載し...

'16年8月  近畿厚生局と大阪府へ調査...
'16年8月  原告準備書面12を掲載し...
'16年8月  原告準備書面11を掲載し...

'16年7月  近畿厚生局へ行ってきました
'16年7月  症例患者に関する回答
'16年7月  原告準備書面10を掲載し...

'16年6月  再質問への答弁書(全文)
'16年6月  再質問主意書全文を掲載し…
'16年6月  再質問主意書が提出され…

'16年5月  症例患者に関する求釈明
'16年5月  近リハ国家試験合格率について(2)

'16年4月  支援の会、会員登録のお願い
'16年4月  原告準備書面9を掲載しました
'16年4月  '16年近リハ国家試験合格率

'16年3月  内閣に質問主意書が提出され…
'16年3月  国会へ行ってきました

'16年2月  近畿リハビリテーション学院国家試…
'16年2月  原告準備書面8を掲載しました
'16年2月  辻クリニック反論内容記載し‥

'16年1月  原告準備書面7掲載しました
'16年1月  弁護士による裁判の経過報告

'15年12月 大阪府理学療法士会で・・・
'15年12月 支援の会、会員登録のお願い

'15年11月  辻クリニック準備書面3を…
'15年11月  原告準備書面6掲載しました

'15年10月  中国ブロック理学療法士学会…

'15年9月  原告準備書面5掲載しました

'15年8月  支援の会結成総会のご報告

'15年7月  支援メッセージ頂きました
'15年7月  弁護士による事件概要説明

'15年6月  支援の会、会員登録のお願い

'15年5月  原告準備書面掲載しました
'15年5月  支援の会結成会のお願い

'15年3月  第3回期日決定しました
'15年3月  第2回法廷内容掲載しました

'15年2月  サイトからのお願い

'15年1月  第2回期日決定しました
'15年1月  第1回法廷内容掲載しました
'15年1月  第1回法廷が開かれました
'15年1月  意見陳述内容掲載しました
'15年1月  訴状を掲載しました

'14年12月 週刊金曜日に報道されました
'14年12月 第1回期日決定しました

'14年11月 訴状を提出しました
'14年11月 毎日新聞で報道されました

近畿リハビリテーション学院と辻クリニックに対する裁判のサイト,理学療法士専門学校生


NEW☆★  
近畿リハビリテーション学院と辻クリニックに対する裁判のサイト、近畿リハビリテーション学院,国家資格合格率  近畿リハビリテーション学院の法令違反について
 平素は、本裁判をご注目頂き有難うございます。

 先日提出しました原告準備書面(17)より、近畿リハビリテーション学院の指定規則違反について、明らかにしました。

1)本件実習当時、担任教員の担当生徒が定員を大幅に超えており同教員が亡輝民 に対して十分な指導・助言が出来る状態になかったこと

 これまでも主張したとおり(原告準備書面(6)・2頁)、A教員は、近畿リハ学院では担任経験が2年目で35名の担任であった上に留年生が13名もおり合計48名を担当していたが、これは夜間部の定員40名を2割も超える大幅な定員超過であった。
 理学療法士養成施設・指導調査審査表(甲62の2・3頁)では「大幅な超過の目安は概ね10%以内としていた」とされている。)。そのため、担任であり亡輝民の実習担当者でもあったA教員は過重な業務に追われ、本件実習中、亡輝民に対して適切な指導・助言が出来る状態になかった。

 この点、被告髙寿会は、平成22年7月6日に近畿厚生局健康福祉部指導養成課が実施した指導調査時に、「一部の学年で定員超過を認める。1年生(昼間部)50人(定員40名)1年生(夜間部)44人(定員40名)」とあり、「定員遵守に努めること。特に退学者を見込んで定員を超え入学させることは絶対に行わないこと。」と口頭指導がなさている(甲64・平成22年7月23日付事務連絡「理学療法士養成施設の指導調査結果について」別紙)。

 このように、生徒の定員について厳重な口頭指導を受けているにも拘わらず、翌平成25年には亡輝民のいたクラスで44名をさらに超える48名が在籍しており、被告髙寿会が前記口頭指導を遵守していないことが明らかであるとともに、そのことが前記A教員の業務の過重性に繋がっている。

 そして、このように在籍数が定員を超えている状態は、原告らにおいて確認できた範囲だけでも、昼間部・夜間部いずれも平成22年度から同25年度までその当時のいずれかの学年で定員オーバーとなっており(甲65)、近畿リハ院において、前記平成22年7月6日の指導実施後も恒常的にかかる状態が続いてことが明らかである。
 特に、平成22年度から25年度にかけて、新規入学者について、いずれの年も定員40名を超えた入学者数となっており、被告髙寿会が前記近畿厚生局の指導を無視しているとしか評価し得ない。

 これらのことは、同被告が指導結果を遵守しなかったことだけでなく各教員に過度の負担がかかることになり学生の指導が不十分になる点について同被告の関心が極めて低いことを裏付けるものである。

 2) 平成25年度は夜間の専任教員が一名不足していたこと

 教員の担当生徒数が定員を超えていた他、理学療法士作業療法士学校養成施設指定規則第二条四は、「別表第一に掲げる教育内容を教授するのに適当な数の教員を有し、かつ、そのうち六人(一学年に二学級以上を有する学校又は養成施設にあつては、一学級増すごとに三を加えた数)以上は理学療法士である専任教員であること。」と定め、亡輝民が死亡した平成25年の夜間の学年はクラスが一つであったことから専任教員6名が必要となるところ(夜間部、昼間部の兼任は認められない。)、平成25年度の夜間部の専任教員は5名しかおらず、1名不足していた(甲66・学校養成所施設認定規則に基づく報告等について、平成25年度理学療法士・夜養成所報告)。



近畿リハビリテーション学院と辻クリニックに対する裁判のサイト、近畿リハビリテーション学院,国家資格合格率  近畿リハビリテーション学院の国家試験合格率関する分析

 平素は、本裁判をご注目頂き有難うございます。

 先日発表がありました、近畿リハビリテーション学院の国家試験合格率を全国の養成校合格率資料と比較し、特筆すべき点を下記にまとめました。

1)厚生労働省が公表した「第52回理学療法士国家試験の学校別合格者状況」によると、新卒者の合格率が70%未満の学校養成施設は全国で2校で、そのうちの一校が近畿リハビリテーション学院です。

2)同じ資料で、新卒者と既卒者の総数合格率が60%未満の学校養成施設は全国で3校で、そのうちの一校が近畿リハビリテーション学院です。(閉校した学校養成施設は除く。)

3)同じ資料で、既卒者の合格率が50%未満の学校養成施設は全国で12校で、そのうちの一校が近畿リハビリテーション学院です。(閉校した学校養成施設は除く。)


※本データは厚生労働省発行の「理学療法士国家試験の学校別合格者状況」より分析しました。


NEW☆★  
近畿リハビリテーション学院と辻クリニックに対する裁判のサイト、近畿リハビリテーション学院,国家資格合格率  近畿リハビリテーション学院の国家試験合格率について(2017年を追記し更新しました)

 平素は、本裁判をご注目頂き有難うございます。

 本サイトでも何度か指摘していた近畿リハビリテーション学院の国家試験合格率の記載が、学院のホームページから削除されました。
 改めて、本サイトにおいて近畿リハビリテーション学院の国家試験合格率一覧を記載します。

近畿リハビリテーション学院,
			辻クリニック,裁判,活動実績,合格率一覧

※本データは厚生労働省発行の「理学療法士国家試験の学校別合格者状況」より作成しました。


 
近畿リハビリテーション学院と辻クリニックに対する裁判のサイト、近畿厚生局  近畿リハビリテーション学院と辻クリニックに対する、実習実態調査申し入れ内容全文を掲載しました

 平素は、本裁判をご注目頂き有難うございます。

 16年8月に近畿厚生局および大阪府へ提出した近畿リハビリテーション学院および辻クリニックに対する実態調査申し入れ書を下記に掲載しました。
 近畿厚生局宛ての文書を掲載しましたが、大阪府へも全く同様の文書を提出しています。

<前文>
実態調査の申し入れ
 理学療法士養成校である近畿リハビリテーション学院三学年学生であった大野輝民(当時39歳)は最後の臨床実習中に繰り返されるパワハラに耐えかねて姿を消し、須磨浦公園で自殺しました。ところが、前記近畿リハビリテーション学院では大野輝民が自殺する5年前にも同じような事件が起きていました。前の事件は昨年民事裁判で判決が確定してご遺族が勝訴されています。

 私たち遺族や、この事件に関心を持つ者が望むのは、裁判で勝つことだけではありません。同じ学院で最悪の事件が二度も起きている事の原因調査と的確な防止策の確立です。

 私たちはこれまでに、国会議員のご協力をいただいて質問主意書を二回提出していただきました。その答弁書では「臨床実習の在り方を改善していくことについては、今後、理学療法士等学校養成施設の養成カリキュラム全体の見直しを行う中で検討してまいりたい」との回答になっています。しかし、二件の事件発生やその事実確認、検証は全く行われていない状態です。これでは、事件発生の再発防止を図る見直しにはなりません。

 私たちは強く求めます。早急に事実確認を含めた実態調査を実施して、再発防止を含めた教育及び臨床実習カリキュラム見直しと理学療法士等養成校の指導、改革実施を図って下さい。そのために以下項目を含めた事実確認、実態調査をしてください。

調査要望書の全文を読む

 今後も粘り強く、近畿厚生局および大阪府へは実態調査を求めていきます。


 
近畿リハビリテーション学院と辻クリニックに対する裁判のサイト、近畿厚生局  近畿厚生局及び大阪府へ、近畿リハビリテーション学院と辻クリニックに対する、実習実態調査申し入れを書面で提出しました。

 平素は、本裁判をご注目頂き有難うございます。

 近畿リハビリテーション学院では、実習中の自殺という最悪の事件が二度も起きているにもかかわらず、その原因調査が一度も監督官庁で行われていません。

 このことから、私たちは自殺事件のあった当時の近畿厚生局および現在の監督官庁である大阪府へ実態調査を求めました。

 私たちはこれまでに、国会議員のご協力をいただいて質問主意書を二回提出していただきました。その答弁書では「臨床実習の在り方を改善していくことについては、今後、理学療法士等学校養成施設の養成カリキュラム全体の見直しを行う中で検討してまいりたい」との回答になっています。しかし、二件の事件発生やその事実確認、検証は全く行われていない状態です。これでは、事件発生の再発防止を図る見直しにはなりません。

 早急に事実確認を含めた実態調査を実施し、再発防止を含めた教育及び臨床実習カリキュラム見直しと理学療法士等養成校の指導・改革実施を図るよう、担当者と面会し、申し入れ書を手渡しました。

 今後も粘り強く、近畿厚生局および大阪府へは実態調査を求めていきます。


 
近畿リハビリテーション学院と辻クリニックに対する裁判のサイト、近畿厚生局  近畿厚生局 担当者に面会しました 

 平素は、本裁判をご注目頂き有難うございます。

 先日、大阪市中央区にある、近畿厚生局健・康福祉部健康福祉課へ訪問し、担当者3名と面会しました。

 近畿厚生局は、平成27年4月に大阪府へ権限移譲する前には、理学療法士の養成校への定期監査権を持つ監督官庁でした。13年の自殺事件時も、もちろん08年の自殺事件時にも近畿厚生局が近畿リハビリテーション学院を管理監督責任を有していました。(現在も、養成校認可取り消し権は厚生労働省にあります)そのことから、近畿厚生局が監督官庁であった時代に起きた2件の「実習中に自殺」という大事件をどのように把握し、検証していたのかを尋ねました。

 わたしたちの質問に対し近畿厚生局担当者は、2件とも特に何の検証も行っていないと回答しました。また、平成27年に大阪府へ管理権限の委譲がなされており、今後も厚生局の介入する余地がない というのです。

 例え監督権限が大阪府に移譲されようと、養成校の認可取り消し権は依然として厚生労働省にあり、さらに2名の自殺事件があった当時は近畿厚生局が管理監督省庁であったという事実から、2件の事件を放置した責任は言い逃れできないと思います。
 また、阿部知子議員より提出された再質問主意書では自殺や精神疾患の発生等の実態調査を求めましたが、それに対し政府は「養成校カリキュラム全体の見直しを行う中で、実態把握を含め検討していく」と回答しています。近畿厚生局が2件の事件を遡って実態調査出来ることは政府の回答からも明らかです。

 今後も引き続き、近畿厚生局にはこの事件の実態調査を求めていきます。


 
近畿リハビリテーション学院と辻クリニックに対する裁判のサイト、辻クリニック診療について  辻クリニックに求めた症例患者に関する求釈明への回答 について
 平素は、本裁判をご注目頂き有難うございます。

 先に提出した 原告準備書面(9)において、辻クリニックで故人が担当した症例患者についての求釈明を求めました。(詳しくはこちら)
※ 求釈明内容については、本トピックの下に掲載しています。

 わたしたちの求釈明に対し、辻クリニックは、「個人のプライバシー保護」を理由に、一切の釈明を行いませんでした。

 わたしたちは、患者の名前や個人が特定されるものは一切情報請求しておらず、なぜ症例患者は長期に渡り〝毎日のように”リハビリを続けていたのか、診断名が複数に上るのはなぜか、歩いて通える患者を訪問診療までしていたのはなぜなのか?これらを解明しなければ、実習生だった故人の実習実態が明らかにできないと考えるからです。

 辻クリニックは維持期の患者を診療しているクリニックです。診療を週5のペースで9か月も行えるのでしょうか。先月と今月の診断名は同じでしょうか。わたしたちの疑念が誤解でしょうか。カルテの開示が必要なことは明らかと考えます。



近畿リハビリテーション学院と辻クリニックに対する裁判のサイト、辻クリニック診療について  症例患者に関する辻クリニックへの求釈明 について

 平素は、本裁判をご注目頂き有難うございます。

 先に提出した 原告準備書面(9)において、辻クリニックで故人が担当した症例患者についての求釈明を求めています。(詳しくはこちら)

 症例患者の方は、事件当時、1年近くの間、医療法人一裕会 辻クリニック(理事長 辻光次朗)と同じフロアー内に開設する「北斗整骨院」(株式会社北斗 代表取締役 辻光次朗)に日参している様子がレポートから読み取れます。このように、プロの療法士が治療しても1年近く通わなければならないような患者を、国家資格取得前の学生が、検査・原因の究明および治療が可能なのでしょうか。
 また同症例患者には、「25年以上前の左大腿骨骨折により左下肢の動作能力が低下した症例」や、「変形性腰椎証、右肩関節周囲炎、骨粗鬆症」などの複数の診断名が付けられており、実習生であった故人はどの症状を担当していたのか、判断がつかない状況にあります。
 なぜ、これほど長期に渡り受診が必要な複雑な患者を担当させたのか・・。本当の病名は何だったのか?
 辻クリニックが誠実に釈明してくれることを期待しています。




 
近畿リハビリテーション学院と辻クリニックに対する裁判のサイト、近畿リハビリテーション学院,国家資格合格率  近畿リハビリテーション学院の国家試験合格率について

 平素は、本裁判をご注目頂き有難うございます。

 本裁判の被告である近畿リハビリテーション学院の2016年国家試験合格率に関して、入学時の定員と比較した合格率を計算しました。。

1年時入学者数 80名
3年時国家試験合格者数 35名


2016年に既定の3年間で合格した割合:43.7%
※合格者35名の中には、留年生が含まれると考えられるため、既定の3年で国家資格を得ることが出来た学生はこの数字よりもさらに低いと思われる。

近畿リハビリテーション学院は、3年制で理学療法士資格取得を謳い学生を募集をしています。

 このような状況にもかかわらず、近畿リハビリテーション学院は2014年の新卒者合格率をホームページに掲げ入学者を勧誘しています。これは、消費者契約法及び景品表示法の観点においても重大な疑義があると考えられます。修業年限内に卒業する学生数が入学時の学生数の半数以下であるにも関わらず、その事実を秘匿し学生を勧誘することは不利益事実の不告知に、養成校の新卒学生の合格率を、新卒及び既卒者合計の全国平均合格率と比較して表示するのは優良誤認表示にあたる可能性があると考えられます。



 
近畿リハビリテーション学院と辻クリニックに対する裁判のサイト、、近畿リハビリテーション学院,国家資格合格率  近畿リハビリテーション学院の2016年国家試験合格率について

 平素は、本裁判をご注目頂き有難うございます。

 本裁判の被告である近畿リハビリテーション学院の国家試験合格率を下記に記載しました。 なお、近畿リハビリテーション学院ホームページでは、2014年3月卒業生実績について発表されています。

2016年 合格率:45.8%

2015年 合格率:52.9%
2014年 合格率:75.0%

平成27年度近畿リハビリテーション学院国家試験合格率
出願者数 受験者数 合格者数 合格率
100 83 38 45.8%

※詳細は第51回理学療法士・作業療法士国家試験結果をご参照ください。



 
近畿リハビリテーション学院と辻クリニックに対する裁判のサイト、活動内容報告  国会へ行ってきました

 平素は、本裁判をご注目頂き有難うございます。


 2月某日、現在の理学療法士実習問題について私たちが抱える問題意識を共有頂くべく、国会へ行ってきました。
 
① 目的
 これまで裁判を進める中で様々な方にご意見・ご教授を頂きながら素人なりに理学療法業界に対する疑問や違和感を訴えてきました。なぜ、これほどハラスメントが放置されているのか、原因はどこにあるのか、どこをどう変えるべきなのか、まずは、法律の不備を正すべきだと考え、理学療法及び作業療法学生の臨床実習と養成校の問題の深刻さについて認識を促し、国の対応を求めるため国会訪問しました。

② 訴えた内容
 理学療法士養成校及び作業療法士養成校の学生は、臨床実習の際に病院や診療所等で実際の患者を担当して理学療法業務を行っており、無資格診療が横行していること。理学療法及び作業療法学生の臨床実習は医学生や看護学生の臨床・臨地実習と異なり法令で整備されていない上に、養成校と実習先の力関係から養成校の管理が及ばないため、臨床実習が無法地帯となっていること。一部の養成校は法令に反する学校運営を行っており、学生が犠牲になっていること。これらの事実は業界内でも度々問題として議論されてきたことも説明し、資料を提出しました。

③ 対応者
 民主党の阿部知子議員及び中島克仁議員とご面会し、わたし達の問題意識を聞いて頂くことが出来ました。お二人とも医師で医療業界ご出身の政治家であり、業界に対する知識もお持ちでしたので、わたし達の訴えをすぐに理解して下さり大変有意義な時間となりました。



 
近畿リハビリテーション学院と辻クリニックに対する裁判のサイト、活動内容報告  近畿リハビリテーション学院の国家試験合格率について

 平素は、本裁判をご注目頂き有難うございます。

 本裁判の被告である近畿リハビリテーション学院の国家試験合格率を下記に記載しました。 なお、近畿リハビリテーション学院ホームページでは、2014年3月卒業生実績について発表されています。

2015年 合格率:52.9%
2014年 合格率:75.0%

※詳細は第49回・50回理学療法士・作業療法士国家試験結果をご参照ください。


近畿リハビリテーション学院と辻クリニックに対する裁判のサイト、活動内容報告
   中国ブロック理学療法士会学会に行きました

 平素は、本裁判をご注目頂き有難うございます。

 先の9月5日に島根県出雲市で催された、中国ブロック理療法士学会の演題の一つに「過激な臨床実習指導はなぜ再生産されるのか」というセッションがあり、学会事務局の許可を得ることが出来たため、傍聴に行ってきました。

 この演題で、大野輝民の自殺の経緯を取材した新聞記事を紹介し、「過激な実習」が現在も再生産され続けているという認識が述べられました。

 この演題発表終了後、発表者および学会事務局担当者の方々とお話をする時間を設けて頂き、 私たちの主張はリハビリ業界の問題意識とも通底するもので、孤立したものではないという確信 を得ることが出来、大変勇気づけられました。

 傍聴にご理解・ご配慮下さいました皆様には心より感謝申し上げます。有難うございました。



 
近畿リハビリテーション学院と辻クリニックに対する裁判のサイト、活動内容報告 裁判を支援する会 結成総会が開かれました

 2015年7月7日に開催しました「裁判を支援する会」の結成総会内容を下記にご報告します。 ご出席くださいました皆様には心より感謝申し上げます。


 日 時:2015年7月7日 18:30~
 場 所:エル大阪
 参加者:40名

 内 容
○ 弁護団紹介および高橋典明弁護士による裁判の概要説明
○ 支援する会創設の目的及び会則の説明
○ 会長・相談役紹介および挨拶
○ 上出恭子弁護士・和田香弁護士よりコメント
○ 質疑応答
○ 原告挨拶
近畿リハビリテーション学院と辻クリニックに対する裁判のサイト></div>
			<br clear=

支援する会へは下記メールアドレスに登録希望のメールをお送りいただくとご参加いただけます。会報をメールにてお送りします。

  近畿リハビリテーション学院と辻クリニックに対する裁判のサイト,情報提供のお願い、ご相談