近畿リハビリテーション学院の学生が辻クリニックへ実習中にハラスメントを受け自殺に至りました

■ INFORMATION ■
17年7月  近リハの経営と法令違反
17年7月  原告準備書面19
17年7月  原告準備書面18

17年6月  実態調査の結果発表
17年6月  カリキュラム改善検討会発足

17年5月  近リハの規則違反について
17年5月  原告準備書面17
17年5月  原告準備書面16

17年4月  近リハ合格率に関する分析
17年4月  近リハ合格率について(更新)

17年3月  厚生労働委員会で取上げ..
17年3月  養成校への実態調査内容

17年2月  養成校に関する情報開示請求
17年2月  近畿地方各府県県担当部署

17年1月  原告準備書面15を掲載し...

16年12月  近リハ合格率について(3)
16年12月  辻クリニック準備書面5…
16年12月  原告準備書面14を掲載し...
16年12月  調査要望内容について

'16年9月  大阪府の監督体制について
'16年9月  原告準備書面13を掲載し...

'16年8月  近畿厚生局と大阪府へ調査...
'16年8月  原告準備書面12を掲載し...
'16年8月  原告準備書面11を掲載し...

'16年7月  近畿厚生局へ行ってきました
'16年7月  症例患者に関する回答
'16年7月  原告準備書面10を掲載し...

'16年6月  再質問への答弁書(全文)
'16年6月  再質問主意書全文を掲載し…
'16年6月  再質問主意書が提出され…

'16年5月  症例患者に関する求釈明
'16年5月  近リハ国家試験合格率について(2)

'16年4月  支援の会、会員登録のお願い
'16年4月  原告準備書面9を掲載しました
'16年4月  '16年近リハ国家試験合格率

'16年3月  内閣に質問主意書が提出され…
'16年3月  国会へ行ってきました

'16年2月  近畿リハビリテーション学院国家試…
'16年2月  原告準備書面8を掲載しました
'16年2月  辻クリニック反論内容記載し‥

'16年1月  原告準備書面7掲載しました
'16年1月  弁護士による裁判の経過報告

'15年12月 大阪府理学療法士会で・・・
'15年12月 支援の会、会員登録のお願い

'15年11月  辻クリニック準備書面3を…
'15年11月  原告準備書面6掲載しました

'15年10月  中国ブロック理学療法士学会…

'15年9月  原告準備書面5掲載しました

'15年8月  支援の会結成総会のご報告

'15年7月  支援メッセージ頂きました
'15年7月  弁護士による事件概要説明

'15年6月  支援の会、会員登録のお願い

'15年5月  原告準備書面掲載しました
'15年5月  支援の会結成会のお願い

'15年3月  第3回期日決定しました
'15年3月  第2回法廷内容掲載しました

'15年2月  サイトからのお願い

'15年1月  第2回期日決定しました
'15年1月  第1回法廷内容掲載しました
'15年1月  第1回法廷が開かれました
'15年1月  意見陳述内容掲載しました
'15年1月  訴状を掲載しました

'14年12月 週刊金曜日に報道されました
'14年12月 第1回期日決定しました

'14年11月 訴状を提出しました
'14年11月 毎日新聞で報道されました

近畿リハビリテーション学院と辻クリニックに対する裁判のサイト,評判

近畿リハビリテーション学院,辻クリニック,評判


近畿リハビリテーション学院と辻クリニックに対する裁判のサイト趣旨

近畿リハビリテーション学院と辻クリニックに対する裁判のサイト概要 自死事件の概要

被告:医療法人高寿会(吹田市)
  (近畿リハビリテーション学院を運営する医療法人)/
被告:医療法人一裕会(大阪市住吉区)
  (辻クリニックを運営する医療法人)


 理学療法士を目指す近畿リハビリテーション学院学生であった大野輝民(当時39歳)は2010年に理学療法士を養成する専門学校である「近畿リハビリテーション学院」に入学し13年11月から辻クリニック(大阪市住吉区)で実習を受けていました。
しかし、指導役の理学療法士N(バイザー)からハラスメントを受け、実習中にクリニックを抜け出しそのまま自死に至りました。

近畿リハビリテーション学院と辻クリニックに対する裁判のサイト訴えの趣旨 訴えの趣旨
遺族は自死に至ったのは、実習中に過度に過重な報告書作成作業や理不尽な叱責を含むいじめを受けたことによる心理的負荷及び、それに対し近畿リハビリ学院が適切な対応を怠った共同不法行為として提訴しました。 学校側と実習先である辻クリニックは安全確保の義務を怠ったと訴えています。

近畿リハビリテーション学院と辻クリニックに対する裁判のサイト問題点 背景にある問題
当事者であるはずの辻クリニックおよび近畿リハビリテーション学院両者に全く反省の色が見られないことから、この問題を広く世に問うため、提訴することに決めました。 この訴訟を通じ、医療系、特に理学療法士を目指す学生の置かれた状況(実態)を明らかにし、問題の原因解明と業界の体質改善を追求する決意です。

また、近畿リハビリテーション学院では、'08年にも学生が実習中に自死しており「実習先の病院でのいじめが原因」として両親が提訴し大阪高裁にて原告(両親)の勝訴が確定しています。

1学年80名×3学年の小規模な専門学校で5年間に2名もの学生が実習中に自ら死を選択するという異常な事態を裁判を通じて問いただしていくものです。
近畿リハビリテーション学院と辻クリニックに対する裁判のサイト